おくらあえ

おくらの脳内を和え和えする。




グライコー

少しいじった、ライコウ+グライオン軸を使い始めて、レート6連勝*フリー10連勝くらいと負けてない。



相手が弱い、マッチング(相性的な意味で)がいいというのもあるだろうけど、使っているうちに理解が深まってきたのが大きいと思う。




連勝中のPTはこれ。






以下詳細。



略記号HABCDS
実数値179*95135139183
まもるみがわりめいそう10まんボルト
持ち物たべのこし
備考

軸ポケ。いつもの。C実数値110のスイクンのねっとうを、みがわりが確定で残る。S183未満の特殊アタッカーをほぼすべて潰すことができ、数値・タイプ的にはグライオンとの相性が良い。




略記号HABCDS
実数値179115165*95146
じしんまもるみがわりバトンタッチ
持ち物どくどくだま
備考ポイズンヒール

いつもの。これは最速でもいいかなと思う。また、カバドリをこのポケモンで見ることになるので、計算してないけどドリュウズの珠いわなだれをポイヒ込二発耐えくらいにはBはほしいとも思う。




略記号HABCDS
実数値12516120110558122
からをやぶるつららばりロックブラストなみのり
持ち物いのちのたま
備考

カバドリラティを一気に持っていくポケモン。具体的には、グライオンのみがわりバトンを受けて、氷技半々減で身代わりを残し、一気に持っていく。グライオンの身代わりバトンが起点とできるのは、カバルドンのこおりのキバのみだが、命中率とPPを考えると身代わりを残すことは十分に可能。PPを消費しないよう、じしんの空撃ちをしてくるのを読んだみがわり連打など、こちら側の選択肢はポイズンヒールにより確保されている。

グライオンがカバルドンを起点に身代わりを貼ることさえできれば、ラティオスは砂ダメで勝手に死んでいくので、ドリュウズのケアさえできていれば、グライオンパルシェンでカバドリラティへの解答は用意できているといってもいい。

また、ライコウが苦手とするカイリューやガブリアスへの選出段階での圧力としても、パルシェンはグライオン*ライコウ軸に必要であると思う。




略記号HABCDS
実数値177165120*12989
バレットパンチとんぼがえりはねやすめつるぎのまい
持ち物オッカのみ
備考テクニシャン

グライオン*ライコウの天敵となるユキノオーへ繰り出し、とんぼがえりでアドバンテージを稼ぐ。単純に、グライオンの身代わりバトンから氷技半減で剣舞を積むことも可能。ライコウだけでは対ラティオスのケアが不十分すぎるので、その意味でもこのポケモンを採用。



この2体はいまのところ自由枠。テラキは持たせるものがなかったので、風船を持たせたら割と面白かった。
トルネロスは、現環境中の積み技もちにたいして、ジュエルアクロバット+おいかぜ*パルシェン+ちょうはつで、一応の解答を出せるように入れただけ。
ライコウ*グライオン自体、ひどく積み技持ちのポケモンに弱いので、この2体の枠は今後考えていこうと思っています。



よく見たら雨グドラ*呪い眠るナットレイやばいから、早急にケアしないとです('_')






では・。・ノシ