読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おくらあえ

おくらの脳内を和え和えする。




連続TVドラマ『ガリレオ』がアニメオタクにウケる3つの理由

現在フジテレビで毎週月曜日21時から、シリーズ2期として放送されている人気ドラマ『ガリレオ』。原作は東野圭吾氏の小説で、帝都大理工学部物理学科准教授・湯川学が、かつて大学生時代の同僚であった、刑事・草薙の依頼を受けて、明晰な頭脳で事件のさなかに起きる超常現象を解き明かし、解決する。いわゆる刑事モノのドラマであるが、近代科学とサスペンスを融合したものは他に類を見ない。
TVドラマ版では草薙はあまり登場しない代わりに、1期では内海薫、2期では岸谷美砂とそれぞれ女性刑事が、湯川のもとを訪れる。

作品の紹介は以上簡単にまとめておくとして、本題に入ろう。このTVドラマ『ガリレオ』、実に面白いもので、筆者自身毎週リアルタイムで視聴しているほどだ。筆者のTwitterのタイムライン上でも、『ガリレオ』を見ている方は多い。そして何より目に付くのは、「他のTVドラマと比較した話題にされる数の差」だ。今まで約2年間Twitterを続けてきたが、『ガリレオ』ほど筆者のタイムライン上に名を連ねたTVドラマはなかった。

『ガリレオ』は称した通り、TVドラマであり、もちろんキャストが三次元の生身の人間である。それが、ほとんどアニメしか観ておられない様な方々の集まるタイムライン上で名前を見せるのだから、なかなかに大変なことである。そこで、私はなぜTVドラマ『ガリレオ』がアニメオタクにウケるのかを考え、そして3つの意見にまとめた。

1.起承転結に基づいた分かりやすい構成
『ガリレオ』はほぼ毎回、

  1. 事故現場の一部始終
  2. 警察(岸谷)が湯川のもとを訪れる
  3. 湯川が謎を解く
  4. 事件解決につながる

という流れで話が進んでいく。

こういった説明でも、全く知らない人が「あー、なるほど」と流れが大体つかめるだろう。それほど構成が簡単で、単純なのだ。そして何より、一話完結なので毎週同じテンションで楽しめる。他のTVドラマを観ていると、特に恋愛モノは「起承転転」だとかヒドいものは「起承承承」だとか、次週に持ち越しなんてことが少なくない。

この起承転結・一話完結の構成が観やすいということは、ほとんどのアニメにも言えるだろう。最近のものでいうと『ラブライブ!』が特にそうであったと感じる。

非常にざっくりとした理由ではあるが、『ガリレオ』が観やすいということは確かだと、共感してもらえると思う。



2.半非現実的なナゾ
まず初めにことわっておくと、「半非現実的」というのは「実現はほぼ不可能だが理論的には可能」という意味である。

『ガリレオ』の醍醐味の一つと言えば、通常では考えつきもしない異常な科学的殺人方法、科学的現象を知ることができることだ(殺人方法を醍醐味と言っては不謹慎だが)。「そうやったのか!」だとか「これはすごい!」だとかの感動や、知らなかった謎が解けてすっきりする楽しさを感じる。
しかしここで一番、「アニメオタクにウケる理由」としては、その方法や現象のほとんどが実行不可能なものである、ということである。例えば2期シリーズでいうと「心聴る」では、電磁波を対象の人物の脳内に送ることで、被害者を自殺や精神崩壊に追い込むという方法があったが、あの脳内音声装置は実用化は成されていないのだ(二〇一二年五月時点。『虚像の道化師』-「心聴る」東野圭吾コメントより)。他にも『探偵ガリレオ』-「転写る」のネタであるデスマスクも、タイミングや気象条件を考えると半非現実的だ。

こういった非現実的な話が、何よりアニメを好む人間には楽しいものなのではないかと私は考える。現実に似せた恋愛モノよりも、またひどく進みすぎて理解には到底及ばない未来の科学の話よりも、実際にはあり得ない、しかしどこか実現できそうな感じが、一番おもしろいと感じるのではないだろうか。



3.個性豊かなキャラクタ
アニメは、これでもかと言うほどキャラクタが重視されており、性格はおろか、髪の色から目の色まで違ったりもする。誰一人として似ている人はいない、という表現は合わない。同一アニメ内全てのキャラクタが全く異なり、目立っているのだ。

『ガリレオ』でも同じことが言える。頭脳明晰、圧倒的な知識量、スポーツ万能という湯川学を筆頭に、上司に対して生意気だが霊や死体に怯えるリアクションがおもしろい岸谷美砂、湯川の助教授をつとめ岸谷を邪魔もの扱いしたり湯川に嫉妬したりと言動が見ていて楽しい栗林など、主要人物らはとても個性的だ。

他のドラマと違って「この人物はこう喋る!」と一種役割分担のようなものがあり、ごちゃごちゃと人間の性格が表に出てきて目ざわりだと感じることもない。このドラマをそのまま二次元の画に写し替えても違和感なく楽しめることだろう。




以上、『ガリレオ』がおもしろい理由を、「アニメオタクにウケる」という観点のもと考えまとめた。非常に主観的かつ抽象的な意見ばかり書き連ねたが、この三点こそが『ガリレオ』のおもしろさの礎だと、私は思う。