読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おくらあえ

おくらの脳内を和え和えする。




TVアニメ『きんいろモザイク』観後感総括

アニメ きんいろモザイク 観後感

先日、第12話をもって全12話の放送が終了したTVアニメ『きんいろモザイク』。私事により、第8話以降から観後感が1話ずつに更新できていませんでしたが、全話総括の感想の一貫に、そちらも少しだけ綴りたいと思います。

第8話:『きょうはなんの日?』
あろうことか、忙しさのあまりにニコニコ動画でさえ視聴するのことを忘れていた回。ので、感想を綴ることすらままならないのですが、タイトルと公式サイトのストーリー項から察するに、アリスとしのが出会った記念日のことを描いた話だったようです。

f:id:okuramugi11:20131004204808p:plain

第8話というものはほとんどのアニメにおいてターニング・ポイントとなる大事な箇所。TVアニメ『きんいろモザイク』は原作の4コマ性を重視しているため、ストーリー性はさほど無く、1話観なかった程度では、話の筋が分からなくなる、ということはないのですが、それでもショック。第8話が収録されるのは4巻、12月発売なので、そこまで待って、視聴したいと思います。



第9話:『ねないこだれだ
綾の家にみんなでお泊り会をする回。全員のパジャマ画が見られたことや、綾が陽子にありがとうと勇気を振り絞って言う姿を見られたことなど、とてもかわいいと思えるシーンが多かった回だと感じました。
個人的に好きなシーンは、綾の寝ぐせをおさえる陽子と、何をされたのか一瞬分かっていない綾の二人の場面。

f:id:okuramugi11:20131004205518p:plain



第10話:『すてきな五にんぐみ』
こちらでは全員のオフの私服が映えました。特にカレンの私服は毎回カラー自体が見ていて楽しいもので、今回ではブルーのジャケットに黒のネクタイと非常にオサレ。



第11話:『どんなにきみがすきだかあててごらん』
こちらでは話の中で服の話題が多く出てきました。陽子がコートを着ていることに驚くアリスが可笑しい。クリスマスということで、想像通りカレンはサンタコスで登場。スタイルの良さときんぱつが、サンタコスと非常にマッチしています。振袖も似合っていて、さすがカレン。

f:id:okuramugi11:20131004210248p:plain



第12話:『きんいろのとき』
この回ではついにクラス変えのお話の回。アリスと陽子、しのと綾とカレンというクラス分けに、アリスはどんより。話中でも何度もおもしろい表情を見せてくれました。
一方綾も、陽子と別のクラスになってどんより。そんな綾の異変の理由に気づかない陽子の鈍感っぷりもすごい。
半分ほど観終わったところで流れたエンドロールには驚きましたが、そのあとに突然はじまったミュージカルにもびっくり。ですがこの曲は、「忍の創作劇」というタイトルで『TVアニメ「きんいろモザイク」サウンドブック いつまでも一緒だよ。』に収録されるため、コレはコレで楽しみとなりました。ミュージカル中では、綾の人魚姫がとてもかわいかった。陽子の王子様役はあまりにもかっこよくてびっくり。
この5人の扮装はBlu-ray/DVD第1巻特典の全巻収納BOXの一面の絵柄となっています。





以上で、簡単ですがTVアニメ『きんいろモザイク』の観後感は終了です。

第12話に久世橋先生がちらっと出ていたことや、Blu-ray/DVD第1巻の売り上げが好調なことから、第2期はあるのではないか、と早くも噂されており、今から非常に楽しみです。

今後発売されるコミックスの方も応援していきたいと思います。

画像の著作権は「©原悠衣・芳文社/きんいろモザイク製作委員会」に帰属します。