おくらあえ

おくらの脳内を和え和えする。




『きまぐれラブライブ!通信 vol.1 ~電撃G's magazine secret short cutを読んで~』

毎月末に発売されている二次元総合情報誌『電撃G's magazine』。定価は990円(時折1200円台)と少々高めですが、密な記事・大ボリューム・豪華な付録と、毎月魅力的な内容で、筆者は2011年12月号から愛読しています。

そんな『電撃G's magazine』の最大の魅力と言えば、この誌上から展開されたプロジェクト『ラブライブ!』に関した記事。さすがこの雑誌から始まっただけあり、どこよりも、この雑誌がラブライブ!についての情報を載せています。



そして2013年7月号から始まったラブライブ!関連の新連載「secret short cut」。毎月、書き下ろしでμ'sメンバの"secret"―今まで見られなかった"裏"―を見ることができることは、ファンにとっては非常に嬉しく楽しいものであると思います。



今月の「secret short cut」は、「cut3♡ほのかとゆきほ」というタイトルで、穂乃果と雪穂が、夏休みの始まりに線香花火をしているシーンが描かれています。穂乃果が珍しく後ろで髪を結っており、同じく髪を結った雪穂も新ビジュアル。アニメが始まるまでは、一度も顔を出すことのなかった妹・雪穂ですが、今回初めて誌上に描き下ろしで登場となりました。



内容に関して、ただの線香花火をしている1カットにも関わらず、二人の性格がよく分かるように書かれているのは、さすが公野さんだと思います。



「お姉ちゃんの季節が来たね」という雪穂の一言だけにも、いろいろな意味が込められているのかなあと考えさせられます。


昨日、プロジェクト発端から4回目の誕生日を迎えたばかりの穂乃果と、雪穂。2期で二人がどんな会話を交わしてくれるのか、とても楽しみになる記事でした。